BUSINESS

鉄鋼総合商社とは

MISI=鉄鋼総合商社≠鉄鋼専門商社

MISIは、伊藤忠商事と丸紅両社の鉄鋼部門の役割を担っている“鉄鋼総合商社”です。総合商社はトレーディングと事業投資という二つの軸でビジネスを行っています。その中で総合商社は世界各地のマーケットの動向を把握する“情報機能”や、大型ビジネスを推進させるため、ファイナンススキームの提案を行う“金融機能”、国際プロジェクトなどの入札において、多くの関係者を組織としてまとめ上げる“オーガナイズ機能”、国内外に流通網を形成し最適な物流システムを構築する“物流機能”、資金のみならず人材を投資し新規事業を展開する“事業展開機能”など、様々な機能を持ちます。そして、このような数々の機能を有機的に組み合わせることによって、顧客に高いソリューションを提供することが総合商社のビジネスであり、MISIの事業領域なのです。

鉄鋼を扱う商社の仕事と聞いて、多くの人が「鉄鋼メーカーから鉄板やパイプなどの鉄鋼製品を仕入れ、鉄を素材にして製品を作る企業に販売する」といった、とてもシンプルなビジネスモデルを思い浮かべると思います。
確かに、このビジネスモデルは鉄鋼を扱う全ての商社に当てはまりますが、そこに終始してしまっては単なる鉄鋼専門商社。MISIは鉄鋼専門商社ではなく、鉄鋼をメインで取り扱う総合商社。つまり“鉄鋼総合商社”です。
鉄鋼総合商社ビジネスとはどのようなものでしょうか。それは、鉄という商材を扱い、単純にモノを売るだけにとどまらず、総合商社の持つ様々な機能を駆使してビジネスを展開するということです。それでは、鉄鋼総合商社であるMISIのビジネスモデルやMISIが提供している商社機能の一部を紹介していきたいと思います。