CULTURE

AP×BP業務紹介

APグループ社員とBPグループ社員

MISIで働くAPグループ社員(地域限定職、以下APと表記)がどのような業務をしているのか、また、BPグループ社員(総合職、以下BPと表記)とどのように関わって業務を進めているのか、営業部署で勤務する社員をモデルに紹介します。

営業部署の業務内容
EXAMPLE

MISIの営業部署の業務は、「契約」「発注」「デリバリー」「納品」といったステップに大まかに分類されています。各フェーズで、APやBPはどのような仕事をしているのか、社員の仕事内容を例にご紹介します。

  • 契約

  • 発注

  • デリバリー

  • 納品

AP社員×BP社員
PROFILE
  •  

    岡野 紗枝
    • 2016年入社
    • 自動車鋼材本部 特殊鋼・線材部 特殊鋼・線材課

    APの主な業務

    MISIにAPとして入社し、特殊鋼・線材課という部署で、主に鉄鋼メーカーへの発注、船積、代金の回収などを行っています。特殊鋼は名前の通り特殊な性質を持つ鉄鋼製品であり、硬度、強度、粘り強さ、耐磨耗性、加工性等に優れた性質を持ちます。線材はワイヤー形状の製品です。鉄の形状というと板が一般的ですが、私が担当する製品は板以外の形状のものが多いです。担当地域はアジアからヨーロッパ、北米、オセアニアなど世界中に広がっています。

  •  

    権藤 加奈
    • 2016年入社
    • 自動車鋼材本部 特殊鋼・線材部 特殊鋼・線材課

    BPの主な業務

    岡野さんと同じ部署で営業を担当しています。業務では、引合いという商売のきっかけが生まれるところから鉄鋼メーカーの紹介、見積作成、価格交渉、契約締結、発注・納期のフォロー、与信管理、代金回収と商売が完結するところまで対応します。幅広い業務を一気通貫で経験できるのがこの仕事の醍醐味だと思います。お客様は多岐にわたりますが、加工メーカー、自動車部品メーカー、問屋に材料を卸しています。

契約

AP

業務の状況を把握し、成約後すぐ業務に移れるよう準備
価格や納期、製品の特長など、BPが鉄鋼メーカーとお客様の間で何度もやり取りをしてすり合わせ、成約に繋げます。この時点でAPができることはほとんどありませんが、BPがやり取りしているメールには目を通し、成約後すぐ業務に移れるよう準備しておきます。また、営業担当が出張などで不在の際は臨時で対応することもあります。
 

BP

需要をキャッチし、契約締結に向けて各種条件の調整を行う
MISIのネットワークを通じ、鉄鋼製品の需要をキャッチします。製造可能な鉄鋼メーカーの紹介、見積入手、仕入れ側・売り側双方との価格交渉を経て、条件が折り合えば契約締結となります。
 

発注

AP

細心の注意を払い、鉄鋼メーカーへの発注業務
BPから成約となった契約の詳細情報をもらい、鉄鋼メーカーへの発注業務に取り掛かります。システムで発注することがほとんどですが、鉄鋼製品は登録する内容がとても多く、かつ細かいので、誤って入力しないよう細心の注意を払います。個人的には発注業務が一番緊張します。
 

BP

先々の需要など鉄鋼メーカーと情報を共有する
直近の発注内容のみならず、先々の需要の見通しを立てて、鉄鋼メーカーへ報告するのも商社の役割です。鉄鋼メーカーに発注をする際は鉄鋼市況、お客様の需給環境、他鉄鋼メーカーの動向などの情報も合わせて提供します。
 

デリバリー

AP

通関、積込、出港まで多岐に渡る関係者へ連絡
製品の完成日が近づいたら、出荷の準備をします。船で輸送するので、船会社へスケジュールを確認し、メーカーに対して出荷指示をかけます。船を確保したら関係者に通関書類作成の指示を出し、通関、積込、出港までフォローします。関係者が多岐にわたるので頭を整理しながら業務を進めます。
 

BP

お客様の要望に合わせて、きめ細やかなフォローを行う
自動車ビジネスでは、お客様から繊細なデリバリーの管理を求められることがあります。発注数量・在庫数量・製造状況の確認、納入日のフォローなどを行います。トラブル等があった場合は、解決方法を検討し、APと相談して、完遂できるように調整します。
 

納品

AP

お客様からの入金手配と納品後のフィードバックを受ける
船が出港したタイミングで売上を計上し、お客様と契約している期日までに代金回収を完了できるようフォローします。その後、お客様が製品を使ってみて、使用感はどうか、不具合は発生していないか、改善点はあるかを確認し、鉄鋼メーカーへ報告します。次の商売へ活かすためにも重要な業務となります。

BP

鉄鋼メーカーと協力し、アフターサービスを行う
製品納入後に品質問題が発生することもあります。技術的な部分は鉄鋼メーカーに対応いただくので、アフターサービスまで含めて鉄鋼メーカーと一緒に仕事ができるので非常に勉強になります。
お互いについて
TOPICS

 

安心してペアを組んで仕事を進められる
貴重なパートナー
岡野

権藤さんとは同期入社で、1年目の時からペアを組んで仕事をしています。1年目の頃に私たちに任された新規案件で、どんな社内申請を事前にやらないといけないのか、発注に必要な情報は何かなど、分からないことばかりで、期限ギリギリで発注したことをよく覚えております(笑)。あの頃の手探り感は今思うと恐ろしいです。権藤さんは常に穏やかで、それでいて「決めるところはバシッと決める」という、自分にないものを持っている方です。いつも相談に乗ってくれ、すぐに対応してくれますし、安心して仕事を組める貴重なパートナーです。

 

細やかな気遣いができる、
事務業務のプロフェッショナル
権藤

船積業務、書類業務、社内処理、営業側での経理処理などは岡野さんがプロフェッショナルであり、いつも頼りにしています。常に迅速、正確そして丁寧に業務を遂行してくれるため、とても助かっています。また出張時には営業の仕事のカバー、フォローアップ、リマインドなどをしてもらうこともあり、細やかな気遣いが有難いです。
岡野さんの第一印象は、自分とは全くタイプの違う方だな、と。そのため、初めはここまで親しく、楽しく仕事をするようになるとは想像していませんでした。一緒に仕事をする上で見えてくる面もたくさんあり、そういったことも仕事の面白いところだと思います。