CULTURE

FRESHERS
MEETUP
APグループ(地域限定職)編

フレッシャーズ座談会 APグループ(地域限定職)編

MISIの事業フィールドは幅広く、多彩で多様な能力を持った社員たちが多くいます。
今回は、その中で若手社員がどんな思いを抱いて働いているのか、どんなキャリアップを目指そうとしているのか。
2018年4月に入社したフレッシュなAPグループ社員5名に、座談会形式で飾らない本音を語ってもらいました。

就職活動から入社まで
  • 中村私は昔から英語や異文化に興味があり、将来は海外に携わる仕事がしたいと思っていました。就職活動の際に、改めてどういう人生を送りたいかを考えたところ、「転勤が無く、長く働きやすい職場」が良いと思い、商社の一般職に応募しました。中でもMISIは説明会などを通して、APグループ社員でもいろいろなことに挑戦させてくれそうな会社だと感じ、入社を決めました。
  • 田中私は大学時代のチアリーディングの経験から、「人をサポートし、笑顔を生み出せる」仕事、そして「チーム一丸となって同じ目標に向かって頑張れる」ような仕事に就きたいと考えていました。商社の一般職は、ただ言われたことを行ったりサポートするだけではなく、自律的に行動していく印象があり、やりがいや自己成長を感じながら仕事ができると思ったため志望しました。その中でも働きやすさとワークライフバランスを念頭に会社選びをしました。MISIの面接では、面接官がよく話を聞いてくださり、「自分のありのままの姿」を話せていると感じたことや、話を深く掘り下げて聞いてくれる社員の方々の姿勢が好印象で、「この方々と一緒に仕事がしたい」と感じたのが入社の決め手でした。
  • 伊賀私の場合、はじめは総合職と一般職の両方を視野に入れて就職活動をしていました。ただ大学時代を振り返ると、授業のアシスタントを担当していたことや組織の中で副班長としてチームをまとめていたことを思い出し、そこから「人を支えて一緒に何かを成し遂げられる仕事」に携わりたいと考え、一般職を志望しました。なかなか内定をもらえず焦っていた時期にMISIの面接を受けましたが、私も田中さんと同じで、面接で人の話を遮ること無く最後まで話を聞いてもらえたのが印象的でした。そのため、入社をしてもミスマッチやギャップがなく自分らしく働ける会社だと思えました。

  • 岩崎私は大学時代の専攻が英語だったことや留学経験、国際交流サークルでの経験から、東京にいながら、語学力を活かせる仕事をしたいと考えていたため、商社の事務職を中心に就職活動をしていました。MISIへの入社の決め手は、社員訪問した際に社員の方が会社の話をしてくださるだけでなく、私の話も深く聞いてくださったことから、「MISIは物腰が柔らかく魅力的な社員が多くいる会社」という印象を持っていたためです。
  • 村井私は父と母と兄が商社に勤めているので、元々商社を身近に感じており様々な話を聞くことができたことから商社を選びました。私も皆さんと同じで、MISIへの入社は「人」で選びました。社員訪問をした時に、社員の方の雰囲気から自分に合っている会社だなと感じ、また「この先輩が働いている会社で私も働きたい」と思い、MISIへの入社を決めました。

仕事の内容は?入社してから今までで大変だったこと
  • 岩崎所属する自動車鋼材第四課は自動車に使用される鋼材を輸出する部署で、私は現在韓国・インド・メキシコを担当しています。主に非日系のOEM(※1)メーカーの海外拠点や自動車メーカー向けに日本の鉄鋼メーカーの薄板を輸出しています。仕事の内容は、船積みの手配、代金回収、受発注などです。鉄鋼メーカーとお客様との間で板ばさみになることもあり、悩むときもありますが、周りの先輩方に相談しながら一つ一つ対応していくことで、業務における感覚を身に付けていっています。
  • 田中私は条鋼貿易課に所属しています。私の課では建材や列車のレールなどに使用される条鋼と呼ばれる鋼材を扱っています。入社直後の頃は、同時に複数の案件を担当することになったものの案件毎に進捗を管理することが難しく、1つの案件に集中していると別の案件が疎かになってしまうことがありました。その後は日々試行錯誤し、現在は業務の進捗管理表や週毎にTODOリストをまとめるなどして、業務の優先順位をつけ自己管理できるように心掛けています。
  • 中村私はラインパイプ第二課に所属していて、石油やガスなどを輸送するラインパイプを輸出しています。主な担当地域は北米、南アフリカですが、コンダクターパイプ(※2)という特殊なパイプについては全世界を担当しています。業務内容は、BPグループ社員の方が受注した案件のメーカーへの発注、船による輸送手配や代金回収などです。最近では、簡単な案件の引合書(商品に対する問い合わせを行うための書類)作成やそれに付随する現地・メーカーとのやりとりも担当しています。 今はまだ自分がやっている業務の全体像を掴むのが難しく、メール一つでも相手が欲しい情報は何かを正確に掴めないこともあり苦労しています。指導社員や先輩社員の仕事の進め方を吸収しながら日々成長し、一人でできる業務を増やしていきたいです。
  • 村井私は電機鋼板課に所属しています。業務内容は皆さんと大体同じですが、異なる点は国内ビジネスを担当していることです。扱っている商材は冷蔵庫や洗濯機などの白物家電に使用される鋼板です。 私の部署はお客様ごとに担当が分かれており、配属当初私は2つの企業を担当していました。その後、どんどん新しい仕事を担当することになり、優先順位の付け方がまだはっきりせず迷惑をかけてしまうことがありますが、これからたくさんの経験を通して知識を蓄え、早く一人前になりたいと思っています。
  • 伊賀私も村井さんと同じ薄板部の電磁鋼板第二課という課に所属しており、輸出業務を行っています。電磁鋼板は、モーターや変圧器、EV(電気自動車)にも使用されている鋼板です。担当地域は、中国・台湾・インドネシアなどアジアが多いのですが、最近はオーストラリアも担当することになりました。 今までで一番大変だった出来事は、お客様から突然「材料が無くなるので出荷を早めて欲しい」という依頼を受け、何とかお客様の要望に応えて出荷できたのですが、台風の影響で船が途中で動かなくなってしまったことです。お客様から船の到着時期について問い合わせが来て初めてその事態に気付き、結局到着が要望より2週間も遅れてしまいました。台風の影響があったとはいえ、私が出荷後のフォローをしておらず、お客様への連絡が疎かになったことでお客様にご迷惑をかけてしまったことは大きな教訓となっており、最後までしっかりとフォローすることの大切さを、身を持って痛感したエピソードです。
  •  (※1)OEM:Original Equipment Manufacturerの略。製造を発注した相手先のブランドで販売される製品を製造すること。製造を請け負う企業をOEMメーカーという。
  •  (※2)コンダクターパイプ:海底油田を掘削する際に、最初に海底に押入される鋼管。

MISIに入社して良かったと思うこと、入社前後のギャップ
  • 伊賀MISIは良い意味でAPグループ社員が担当する仕事の裁量が大きく、自分がやりたいことをやらせてもらえる環境があると思います。例えば、参加任意の研修に参加したいと上司に希望を伝えたら、「もちろん良いよ」と快く送り出してもらえます。それと同時に、自分で考えて行動しなければならないので、頼り過ぎてはいけないと気付かせてくれます。自分一人ではまだ出来ないことが多くありますが、「まずは自分で考えて、分からなかったら聞きに来るように」と先輩に指導を受けているので、自分で考える力がついて、スキルアップに繋がっていると思います。 また、私は英語があまり得意ではありませんでしたが、海外営業の部署に配属となり、メールや電話の半分くらいが英語なので、最初はとても苦労しました。辞書を引いたり、先輩達のメールをチェックしてどのように答えているかを参考にさせてもらい、今ではある程度自己完結できるようになってきたので、大変ではありましたが少しずつ成長できているのかなと思います。
  • 村井他社で働いている同級生の話を聞くと、MISIの教育環境はしっかりしているなと感じます。業務の中では新入社員に対し1対1で指導社員もついてくれますし、研修も充実しています。 自分がやりたいことを快くサポートしてくれる先輩がいるので、入社してよかったと感じています。私は学生時代は部活が忙しく、アルバイト未経験で仕事のノウハウを知らずに入社したので、基礎的なことを覚えるのに苦労しました。今は、与えられた仕事の一つ一つに一生懸命取り組んでいます。
  • 田中確かに他の会社で働いている友達の話を聞くと気付かされることがありますよね。私が実感していることは、MISIでは理不尽なことで叱られることは無く、自分の発言も最後までしっかり聞いてもらえる環境があるということです。また、ただ与えられた仕事をやるだけでなく自ら逐一状況を説明し、日々報告・連絡・相談を通してBPグループ社員の方との間でしっかりコミュニケーションを取ることの大切さを感じています。
  • 岩崎ワークライフバランスの面でもMISIはいい会社だなと感じます。会社として働き方改革を推進していることもあり、課の先輩からも「残業は出来るだけしないで、就業時間中に効率良く働いて早く帰りなさい」とよく言われます。また。商社と言えば「体育会」というイメージを持っていましたが、入社してみると体育会出身の人はそれほど多くなく、スマートな社員が多いという印象です。
  • 伊賀思ったよりも、落ち着いた雰囲気の方が多いですよね。
  • 中村入社後、予想以上に周りの社員の方達が良い人達で良かったと思っています。指導社員の方はもちろん、部署全体が何でも質問しやすい環境で、質問には何でも丁寧に教えてくださる方ばかりなので心強いです。 また業務以外でも社内のイベント等で社員同士の関わりが持てる会社も珍しいのではないかと思います。
  • 岩崎確かに会社のイベントは多いですよね。全社の運動会やフットサル大会もありましたし、社内だけでなく伊藤忠商事、丸紅、MISIの3社合同で地引網イベントやスキー・スノボー合宿なども開催されました。

入社して最も影響を受けた先輩・同僚は?
自分は将来どんな社員になっていたいか?
  • 田中指導社員の方です。私はまだペアのBPグループ社員の方の動きを追うのが精一杯なのですが、指導社員の方はとても視野が広く、課全体を見渡して困っている方に自ら「何かお困りですか?」と声をかけているほどです。 今はまだ問い合わせの回答に時間が掛かってしまうことも多いですが、勉強し経験を積んで、BPグループ社員の方からの問い合わせにもすぐに答えられるようになりたいと思っています。
  • 中村私も指導社員の方なのですが、「1聞いたら10返ってくる」というくらい、毎回とても丁寧に様々な背景も含めて教えてくださいます。私も何年かかるか分かりませんが、いつか後輩に丁寧に指導できる社員になりたいと思います。業務については、自分に任せてもらえるものであれば何でも挑戦していきたいです。また、結婚や出産を経験しても働き続けたいと思っているので、ライフステージに合わせた働き方をしてステップアップしていきたいと思います。
  • 伊賀私も同じ課のAPグループ社員の先輩社員の方々に憧れています。どの方に聞いても快く応えてくれますし予備知識や他の対応策も追加で教えてもらえるので、とても勉強になります。今は目の前の仕事をこなすことで精一杯ですが、将来先輩達のように、何でも安心して頼ってもらえる先輩になりたいと思います。その為には、自分が理解・納得するまで質問して、深い知識を身に付けていきたいです。また、社内には結婚・出産を経て復職している方も多くいるので、その方達のように長く働きたいと思っています。
  • 村井指導社員の存在は大きいですよね。私も指導社員の方の”伝え方”の上手さにいつも感心してしまいます。お客様と同じ内容の話をしても、そのお客様から返ってくるレスポンスが全然違います。相手の心境や置かれている状況に応じた対応の仕方を見て、参考にしようと思っています。 私は「余裕のある女性」になることを目指しています。まだまだ私は気にかけてもらっている側ですが、先輩は自身が忙しい時も私のことを気にかけてくれているので、私もいつかそういう先輩になりたいと思います。
  • 岩崎みなさんと同じく、私も一番近くにいる指導社員さんに最も影響を受けています。まだ二年目なのに課内でも頼りにされており、カッコいいです。 将来像といえば、私は課を守る存在になりたいです。私の課は貿易を担当しているので、BPグループ社員は海外出張に行くことも多くあります。そんな時に「岩崎さんがいるから安心して出張に行ける」と思われる存在になれば、BPグループ社員の方がお客様のところにどんどん行って契約を取ってきてもらえると思うので、そのような点で会社に貢献していきたいと思います。 また私も母が50歳まで仕事を続けており、その背中を見続けてきたので、結婚・出産を経験した後も働き続けたいですね。
  • 田中 詩衿
    鋼材第一本部
    厚板・条鋼部条鋼貿易課
    就職活動は、色々な会社に足を運んで多くの社会人と話をすることが大切だと思います。会社説明会でもらうパンフレットの情報だけを鵜呑みにするのではなく、実際に社員の方と会ってみると、良いことも大変なことも包み隠さず教えてくれます。自分らしさを大切にしながら、まずは視野を狭めず、あらゆる業界の企業を見てみてください。応援しています!
  • 伊賀 彩織
    鋼材第三本部
    薄板部電磁鋼板第二課
    就職活動中は同級生同士で比べたりすると思いますが、最終的には自分の将来のことなので、これまで楽しかったことや心地よかった環境などを改めて考え直す時間を大切にして、最後まで諦めずやり抜いてもらいたいと思います。諦めなければ結果は付いてくる。諦めないことです。
  • 岩崎 祥子
    自動車鋼材本部
    自動車鋼材第二部自動車鋼材第四課
    留学から帰ってきて就職活動を始めた時、周りには既に内定をもらっている人もいたことの焦りから、面接でも素直に自分の話が出来ないことが続き、あまり上手くいかない時期もありました。しかし、途中から開き直り、飾らずに素の状態で話をしてみたところ良い結果に繋がるようになりました。是非、皆さんも「素のまま」「ありのまま」の姿で就職活動に挑んでください。応援しています!
  • 村井 睦
    鋼材第三本部
    薄板部電機鋼板課
    自分がやりたいことを考えることも大切だと思いますが、自分がその会社で働いている姿を想像してみるとより良いと思います。そうすることで、入社前後のギャップは少なくなると思いますし、入社した会社で前向きに仕事に取り組むことができると思います。
  • 中村 紗希
    鋼管本部
    鋼管貿易第一部ラインパイプ第二課
    「自分が携わりたい仕事」、「自分がイキイキと働いているイメージができる会社」を見つけられるように、是非頑張ってください。皆さんにとってその会社がMISIだったら嬉しいです。