CULTURE

FRESHERS
MEETUP
BPグループ(総合職)編

フレッシャーズ座談会 BPグループ(総合職)編

MISIの事業フィールドは幅広く、多彩で多様な能力を持った社員たちが多くいます。
今回は、その中で若手社員がどんな思いを抱いて働いているのか、どんなキャリアップを目指そうとしているのか。
2018年4月に入社したフレッシュなBPグループ社員6名に、座談会形式で飾らない本音を語ってもらいました。

MISIに入社を決めた理由は?
  • 藤本海外を舞台に働く父親の後ろ姿を見て、自分も将来海外で働いてみたいと思うようになりました。また、就職活動中に部活の先輩方にOB訪問する中で一番魅力的だったのが商社で働く方々であり、海外で活躍するチャンスも多いと思い、商社業界を中心に見ていました。先輩方には「地味な仕事が多い」と言われたのですが、当時の私からするとその地味な仕事でも輝いて見えて、自分の気持ちの中でだんだん「商社に入りたい」という気持ちが大きくなりました。その中で、MISIに入社する決め手となったのは、面接を重ね、会社の方々と接していく内にフィーリングが合うと感じたことです。
  • 鈴木私の場合、当初は様々な業界を見ていたのですが、最終的に商社に落ち着きました。それは私の「欲張りな性格に一番合っている」と思ったからです。昔から、勉強も部活も貪欲に上を目指していましたが、「一番広いフィールドで高みを目指して働けるのは商社だ」と自分の中で結論付けて商社に絞りました。その中で鉄という商材を選んだのは、鉄は形として残っていくため結果が見えやすいためと感じていたからです。更に規模も大きくて、「このビルやこの船の鋼材は自分が供給した」というようにロマンを感じられる鉄に惹かれ、鉄鋼総合商社であるMISIを選びました。
  • 成願大学時代に学生団体の委員長を経験し、「多くの人と関わりながら何かを成し遂げること」の面白さを感じました。仕事をする上でもそういった経験を活かしたいと考えたところ、「より多くの人と関わりながら仕事をしているのは商社だ」という思いに至り、商社を志望しました。より多くの業界に関われる商材が「鉄」であり、座談会で会った社員の方々の雰囲気も良かったためMISIに入社を決めました。
  • 小山大学時代剣道部に所属していて、商社で働いているOB・OGの方が多かったため、その方々の話を聞いているうちに自然と商社に興味を持つようになりました。私は、自分の個性を尊重してもらえる職場で働きたいという希望を持っていたので、OB訪問や面接等で色々な話を伺い、この商社だと感じてMISIに決めました。
  • 西村大学時代の留学経験から海外に関わる仕事に就きたいと考えていましたが、更に「ものを持たず、人で勝負する」という点で自分の個性で勝負できると思ったため、商社業界に興味を持ちました。MISIに入社を決めた理由は、他の商社に比べ海外駐在員比率が高く海外に行ける可能性が高いと感じたためです。
  • 眞下私は帰国子女でもなく海外留学の経験もないからこそ、社会人になったら「グローバルな舞台で働きたい」と考えていました。就職活動中、様々な会社のセミナーに参加しましたが、「海外を舞台に活躍できる」、「忙しいが、扱うビジネスの規模や金額が大きく、自分の裁量で仕事ができる」という点で商社に魅力を感じました。鉄という商材で、重厚長大産業に携わることや、面接の時に感じた社員の方の熱量に惹かれMISIに入社を決めました。

今の業務内容は?
  • 藤本熱延鋼板と言う多くの鋼材の大元になる製品を扱っており、鉄鋼メーカーから海外への販売用に仕入れ、海外のお客様に販売する課に所属しています。月によって変動はありますが、毎月数万トンを販売しています。
  • 眞下私は所属部署の名前のとおり、自動車産業向けの鋼材を扱っていて、国内では日系の自動車メーカー向け、貿易では中国のホイールメーカー向けに鋼材を販売しています。自動車メーカーの生産台数に合わせて、必要な数量の鋼材を供給するべく、鉄鋼メーカーや自動車メーカー等と協議しながら、鋼材デリバリーを行っています。
  • 小山私はステンレスという「錆びにくい」鉄を扱っています。業務としては、課の方針でAPグループ業務をマスターした後にBPグループの仕事をすることになっているので、今はオーダー投入・デリバリーや納期管理・在庫管理を担当していますが、時々先輩社員の営業に同行しています。
  • 成願私は船舶や橋梁などの建造物に使用される厚板を輸出する部署に所属しています。すでに担当を持たせてもらっており、担当地域はベトナムと台湾とアフリカです。入社前からイメージしていた規模の大きいビジネスに関わる事ができやりがいを感じておりますが、元々英語が得意なわけではなかったので、英語でのやり取りに悪戦苦闘しています。
  • 鈴木私は自動車用部品や建材として使用される鋼管を扱う部署に所属しており、国内のお客様を相手に日々価格の交渉や、新規拡販のためのヒアリングを行っています。私が扱う鋼管は鉄鋼メーカーから買った鋼板をパイプメーカーに売り、そのパイプを再び買い戻しお客様ユーザーに販売しています。他の部署に比べて鋼板をパイプへと加工するため1工程多く、商流が多くなるだけでなく、パイプに関する知識は当然必要ですが、同時にパイプの原料となる鋼板の知識も必要となるので、日々勉強し、お客様からも様々なことを教わりながら営業しています。

MISIに入社して感じたこと
  • 西村入社する前に唯一心配していたのが、鉄鋼を扱う商社はとんでもなく激務で固い業界なのかという点ですが、実際に入社してみるとMISIには「柔軟さ」 を感じました。朝方勤務の推奨から夜20時以降の残業原則禁止、健康経営のための施策など、社員が働きやすい環境を整えてくれていると感じています。
  • 眞下業務の中で、お客様のところに行って、商品の納期管理などを主体的に進めているという点では自分で裁量を持って進められていると感じます。一方、商社の営業は新しい仕事をどんどん取ってくる華やかなイメージを持っていましたが、実際には既に構築されているスキームを維持させていくような泥臭い部分も多く、入社前とはイメージが多少異なる部分もありますが、商社パーソンとして成長していくための大事なステップだと感じています。
  • 成願入社前は商社業界の独特さや仕事量の多さなど多少不安要素もありました。また、「若手に仕事を任せる」という社風も逆に不安でしたが、実際に1年目から担当を持たせてもらうと、何か問題が発生した時には必ず周りの人が声をかけてくれる環境なので、若手のうちから裁量の大きな仕事を担当しても自信を持ってやっていけると思っています。1つ1つのメール文面やお客様へのアポイントの取り方、レポートの作成方法などを指導社員だけではなく課長にも相談でき、私の行動を見てくれているので良い会社だと感じています。
  • 鈴木入社して良いなと思っているのは、社内の「風通しの良さ」です。何かあった時には部長課長を含め誰にでも相談・助けを求めることができる環境が整っていると思います。また、個人の裁量も大きくの部分も、一年目ながら自分で、1から考えて取引先お客様と関係を作り、交渉も全て任せて頂いているもらっている状況です。ただし、自由である反面、主体的に勉強しないとわからないことも多いため、その点は責任も感じています。
  • 藤本人の良さに惹かれて入社したこともありますが、実際に会社に入って多くの人と接する中で感じたのは、やはり先輩方がかっこよくて、こんな大人になれたらと思う人が多いことです。面接の時に感じたMISIと自分の相性が良いという感覚は間違っていなかったと感じています。
  • 小山入社する前は、鉄鋼総合商社ということで規模の大きい仕事ができると思っていていました。私は現在所属するステンレス課への配属を希望していましたが、実際に担当しているのは想像していた程規模は大きくなく、その分細かい商売です。イメージとは異なりましたが、今の商売の面白さはお客様に対して「ありがとうございます」と直接感謝の気持ちを伝えることができる点です。また、会社を代表してお客様とやりとりするため、自分の発言内容や小さなミスの積み重ねが自分はもちろんMISIへの信用や不信に繋がると感じており、早く一人前のMISIパーソンになれるよう日々全力で業務に取り組んでいます。

印象に残っていることは?
  • 成願取引先と意思疎通が上手くいかず、結果私が怒られてしまったことがありました。すぐに上司や先輩方が社内外の関係者に連絡しフォローしてくれ、更に相手への謝り方を一緒に考えてくれました。「自由に任せてもらっているだけではなく、しっかり見守ってもらっている。」ということを感じ、良い職場で良い上司に恵まれてよかったなと思いました。
  • 藤本MISIでは働き方改革の一環として、全社をあげて「夜20時以降の残業の原則禁止」を行っています。しかし時にはそれ以降の残業が必要な場合もあり、私もある日残業することとなったのですが、ふと周りを見渡すとオフィスの同じフロアに自分一人の状態でした。時差対応などもあるため申請すれば残業も可能ですが、それでも多くの社員が20時までに仕事を終わらせて帰っていることを考えると、業務効率化と生産性向上の意識が全社的に浸透していると感じます。
  • 眞下仕事の効率性という点では私も印象に残っていますね。入社前は激務で深夜までの残業もあると思っていたのですが、部署の先輩方は朝少し早めに出社して、定時(17時30分)ないし18時ぐらいには仕事を終わらせて帰っていきます。自分が想像していた激務とはかけ離れた状況ですが、自分自身は仕事が終わらず20時近くまで残ることもあるので、効率よく仕事ができるよう学ばなければならないと日々感じています。
  • 西村営業経理として担当する部署の決算分析を行い、上司に報告します。入社当初は私が作成した資料のドラフトは先輩の赤ペンで真っ赤になった状態で返ってくることばかりでした。しかし、つい先日返ってきた資料は、多少の修正が入っていたものの、私の文章がしっかり採用されていました。1年間の成長を実感するとともに、もっと成長していきたいなと強く感じました。
  • 鈴木つい先日、入社して一番初めに名刺交換をし、現在自分が担当を任せてもらっている取引先の社長・副社長様の前でプレゼンする機会がありました。その会議を進める資料作りはもちろん、懇親会まですべて自分でアレンジしましたが、何も知らなかった入社時を思い返すと、MISIの担当者としてある程度認めてもらえるようになったと、小さいながら成長を感じることができました。任せてもらうということの大変さを痛感した1年間でしたが、それを乗り越えたからこそ味わえた達成感だと思います。
  • 小山私の場合は入社して一番つらい体験をした日が印象に残っています。先輩と一緒に出張に行った時のことですが、 行く前から別の案件でトラブルが複数発覚し、先輩が運転する車の中で資料作りをしながら、別件について電話でやり取りをしないといけない状態になってしまい、どれもうまく対応できなかったことがありました。その時は多くの関係者の方から叱られましたが、隣にいた先輩の励ましや助言があったので乗り切ることができました。もっと頑張らないといけないと感じています。

先輩の後ろ姿、自分の将来
  • 成願輸出業務は実際にお客様と直接会って仕事を進めるのではなく、MISIの海外拠点を通してお客様とお話をするので、思うように話が進まずもどかしさを感じることもありますが、課の先輩方はそういった状況でもスムーズに商談を進めていくので、先輩方の相手の立場を考慮した上での行動を見習っていかなければならないと感じています。
  • 西村先輩方を見ているととても視野が広いなと感じます。チーム全体を見ていて困っている人がいるとすかさずフォローしている姿をよく目にします。実際に私も何度も助けられました。今は自分の仕事で精一杯ですが、いつか先輩方のように周りの方々に気配りができ、周囲から頼られる存在になりたいと思っています。
  • 藤本成願さんと同じなのですが、先輩方の人に対する物事の伝え方の幅やバリエーションがとても多いと感じます。海外のお客様にもその時の状況によって伝え方を工夫し、うまく案件をコントロールしている姿を見て、見習わなければいけないことが多いと感じています。
  • 小山私は国内ビジネスを担当しており、お客様も国内にいるので直接会いに行く機会が多いのですが、 先輩社員を見ているとお客様の発言の真意を汲み取り、行間を読んでいる点が自分との差だと感じています。先輩とお客様を訪問した際にも、発言内容やその時の表情からお客様の真意を常に探っているので、帰社して先輩が書いてくださった議事録を読むと、お客様が発言していないことも考察として書かれている時も多く、自分も早くそのレベルに到達したいと思っています。
  • 眞下少し前に話したことと重複しますが、先輩の仕事をする様子を見ていると、先々起こりうる事象の予測をして事前に準備をしておくことで、効率化につなげていると思います。その為には、今までの経験が物を言うとは思いますが、できる限り少しでも先のことを見据えて仕事をする意識を身に付けなければならないと痛感しております。
  • 鈴木部署の先輩を見ていると、相手の懐に入り込む速さというか、人間関係の作り方の上手さを感じると共に、結果としてそれがお客様との距離の近さにつながっていると思います。人間関係がモノを言うような商売もあるので、人の懐に入り込む能力は私も身に付けていきたいと思います。

将来に向けて
  • 小山今はステンレス課で頑張っていきたいと思っていますが、その後は貿易部署や管理部門など様々な部署を経験して視野を広めたいという思いがあります。今後自分がキャリアアップしていくためにも、幅広い知見を身につけたいと考えています。
  • 鈴木5年後10年後は、まず任されている業務について目標を達成することは当然のこととして、プラスαで既存の商売を新しく作り変えるなど、自分の足跡を残せるような人間になっていたいです。
  • 西村経理部で、企業活動において重要な会計について勉強できているので、それを一層深めるとともに、他部署での経験も積むことで、10年後くらいにはゼネラリストとして海外で活躍したいと思います。
  • 藤本配属希望通り貿易部署に配属されたものの、実際の仕事ではまだまだできていないことが多くあるので、まずはこの2、3年で一人前になれるよう頑張ります。その後は営業だけでなく経理や財務のような管理部門も経験したうえで、海外事業会社の「経営者」となれるような人間になりたいです。
  • 眞下所属部署で業務を自分の力で進めていけるようになった後に、海外の現地法人に駐在してみたいと思っています。現地法人は現在扱っている自動車鋼材以外にも多様な商材を扱う必要があるので、色んな鋼材についての知識を習得した後、日本に帰ってきて、自分自身で契約を取ってくるプロジェクト案件を扱う部署を経験したいと思っています。
  • 成願1つ目は、海外駐在をしたいと思っており、実際に安心して派遣される人間になりたいです。2つ目は、社内外の人のネットワークを広げ、その人達との信頼関係でビジネスができるような商社パーソンになりたいと思います。

  • 成願 友希
    鋼材第一本部
    厚板・条鋼部厚板貿易課

    自分の感性を大切にしてほしいと思います。就職活動中、素直に良いなと思ったことやかっこいいなと思ったことは、例え言葉にするのは難しくても、仕事をする上でモチベーションになると思うので、そういう感性を大事にして就職活動をして欲しいです。また、就職活動は自分の強みに気付ける良い機会なので、自分と向き合って自分の強みを見つけて欲しいと思います。

  • 藤本 賢介
    鋼材第二本部
    薄板貿易部熱延鋼板第二課

    準備が大事だということを感じています。私は部活をやっていて就職活動を始めるのが周りより少し遅かったのですが、就職活動は多くの人から話を聞くなど自分から情報を取りに行かないといけないので、早め早めに情報収集をして欲しいと思います。また、就職活動の時期は人生の中でも様々な会社の人に会える貴重な時期なので、自分の視野を広げるためにも多くの人に会ってもらいたいと思います。

  • 小山 藍
    鋼材第三本部
    ステンレス部ステンレス課

    真摯に向き合ってほしいなと思います。
    私は就職活動中自己分析を通して本当の自分と向き合い、自分を見つめ直すきっかけにもなったので、仕事ももちろんですが、自分自身に真摯に向き合う機会として大切にしてもらえればと思います。

  • 眞下 恭明
    自動車鋼材本部
    自動車鋼材第一部自動車鋼材第一課

    自分の気持ちに素直になって、自分にとって働く上で大切にしたいことは何かをはっきりさせた上で、様々なセミナーへの参加や、知り合いの社会人へのOB・OG訪問等、いろいろな色々な業界や会社を調べ、自分に合った会社を選べるように極限まで努力してほしいと思います。それが結局入社後のギャップを無くし、満足のいく就職活動を行うために大切なことだと思います。

  • 鈴木 拓
    鋼管本部
    鋼管部鋼管第一課

    実際に働くことはどういうことか、をイメージして欲しいです。就職活動中に見えているのはそれぞれの会社やそこで働く人が何を成し遂げているのかという結果の部分だと思いますが、その結果を生むために日々どういう業務に取り組んでいるのか、そこを想像することはとても重要であり、入社後にもより満足できる就職活動になると思います。

  • 西村 真人
    経理部
    営業経理第一チーム

    「軸」を持って就職活動をして欲しいと思います。私は現在、「商社でグローバルな仕事をしたい」という将来の目標が見えているから、その目標に向けて日々の業務に取り組めていると感じます。また、個性を大事にして欲しいです。就職活動の時は、様々な不安があると思いますが、会社にはいろいろな人がいるので、自分の個性を出して自分に合う会社を見つけていただければと思います。